126分の1

アジアライトの決勝リーグ。

ウチは二次リーグまでしか知らないので、普通に全勝がいるんやろうなあと思っていたら案外動きが無くてびっくり。加えてウチのコバがアウェーで当たり前のように二敗しているのにもびっくり。別に自惚れているわけではなくて、ガッチガチに鍛えた(つもりの)キャラでも普通に負けているのを目の当たりにして、どんな化け物が揃っているのかと萎えたのが正解でしょうか。

とはいえ、せっかくここまで来たんだからと自分を奮い立たせて昨日まで三つ戦って、どうにかこうにか三勝。その間にもリーグ戦は進み、二敗が優勝ラインというところまで進みました。二つ負けてもOKって~のと、MAX1571まで評価値が上がっているので同率はまずいというのがあって、妥協できるラインの高さにクラクラしましたわ。

「先日の二次リーグで全勝突破が決まってから、ハッキリ言ってね、決勝行く前は、ふざけんなと、いつでもあたしが獲りにいっちゃうと。なんであたしが決勝に出られないんだって、ずっと思ってました。サバ1から、ハッスルさんなんなり、レッスルエンジェルスの2009年MVPはゆっこさんだって。そりゃそうですよ。シリーズ通じてトップ守り抜いて。その中であたしだって実績こそ四コマピン出演、サバ2にも無事参戦、それ以外でもあたしは田女に、レッスル界に話題を振りまいてきた。あたしにはそういう自負がありました。だからどうしてあたしに決勝リーグ進出がまわってこないんだとずっと思ってたけど、先週の二次リーグで挑戦が決まってからハッキリ言ってご飯も三杯しか喉を通らないし、夜も眠れないから昼に寝ちゃうし、それこそどんな肉でも1200円クラスに見えるぐらい。決勝リーグに挑戦するってのがこれだけ大変だってことをあたしは知らなかった。そのリーグにmosukeさんはサービス開始から、それこそ無数に出て来てるっていう。この経験の差っていうのは、あたしにはもう如何ともしがたいというか。それはね、ベスト4入りが近づくにつれて自分の中でどんどんそういう気持ちが大きくなってるっていうか、本当は安定した勝利に向けて万全のポジションを作っていかなきゃいけないのに、情けなくてしょうがないです」

「ただ、歴代のチャンピオンたちがそうであったように、歴代のチャンピオンはこの壁を乗り越えて勝利を重ねて名誉を勝ち得てきた。ここで潰れるんだったら小早川志保はそこまでのレスラーです。もうこうなった以上、試合に勝とうが負けようがあたしはアジアライトに挑戦する挑戦者として、相応しい試合をします。全てこのリーグで出し尽くします、以上」


というようなインタビューがあったかどうかは知りませんけど、前置きが長くなりましたけど。
コバの最終成績は6勝1敗。その他決勝リーグ参加チームは全て二敗以上しています。


勝ちました。優勝です。コバ、よく頑張ったよ。