点で見ても凄いものは凄いね

ハッスルの後楽園大会を見てきました。

生観戦はもちろん、テレビでも(第一テレビほとんど見ないし)見たことのない、
いや映像では見てるはずなんだけどさほど記憶に残っていない
それ(好きな人ごめんなさい。でも取り繕っても仕方ないからさ)。
これがまあ予想以上に面白かったんですが、第一印象は悪かった。

ちょっとしたアクシデントでオープニングが見られなかったのです。
開演ギリギリに入場してレモンサワー買ってる間に南側を封鎖されて
しまったんですよ。それはまあ遅く入ったから仕方ないのかなと思ってたら
南側から入れなくても東西から入場できるとしばらくたって気がつきました。
それならそうと「今は入れません」って頑張ってるスタッフは案内すべきでしょ。
気が回らないっつうか……。馬鹿に大事な場所守らせるなよ。
関西人のウチに「馬鹿」って言わせちゃアカンよ(笑)

ま、それはささいな事でした。
第一試合、カラテガール(だっけ?)の触れ込みのKGはかわいかったし頑張ってた。
試合前の煽りや試合中の爽やかさんっぷりと試合後の毒っぷりのギャップが
面白かったな。後は試合での動きが今の三倍速くなったら応援したいかも。
あとは『虫歯菌みたいな顔』と言われた人の受けは良かったな。名前は忘れた。

第二試合はRGとあーちゃん。
RGは市っちゃんよりは面白かった。それ以上にあーちゃんの顔の作り方の方が
面白かったけどね。ただ、モンスター軍追放云々の進展が無かったのが不満。
試合前の煽りはなんやったんかと。

第三試合は飛ばして、ボノくん。
正直、今回たまたまなんかもしれんけど面白くなかったな。
対戦相手も見てくれはいいけどなんかアレやったし。
ケツおやじことイケメンシローが一番輝いてた。
あと、フランソワーズ女史のメガネはでかかった。

メインはナットーマン&キッコーマンと川田&志賀。
川田は優しくなったなあ。まあそこまでせんでもいいんだろうけどそんな印象。
納豆と醤油は面白いと思った。ベタを好むのは関西人だからかも。
志賀さんは……まあ……頑張ってくれや。


っていうかやぁ~!
今回はやっぱマグナムTOKYOっしょ、マグナム。
ウチは生でマグナム見たこと無かったし、ダンスもちょっと動画で見たくらいで
ほとんど知らないし、当然思い入れもそんなにないわけよ。

でもなんやあれ、「TOKYO GO」が鳴り響くだけで上がるテンションは。
なによあの存在感、華のありようは。めちゃくちゃカッコよかったで。
ブランクがあってこれなら全盛期は凄かったんやろうな~。
その頃を見られなかったのは良かったのか悪かったのか。
ま、いい悪いじゃないんだろうけどね。今、面白いか面白くないかってのが
重要なんだろうしさ。あの時も良かった、今も良いって楽しめる方が一番いいよ。

結局、なんやかんや言っても楽しめたら勝ちって事で。
何に対しての勝ちなのかは……ダ・ガシ子に聞いてみよう。
そんなカンジで。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック