現実は厳しくて

ソル・ナシエンテが朝食より好きなツォンです、ごきげんよう。


いやー、土曜日に武道館にてNOAHの大会を観てきたのですが。
正直こう、ガーっと来るものがあまりなかったな、というのが
素直な感想です。NOAH好きな方には申し訳ないですが。

何がテンションを下げたかっていうとヘビー級の選手の試合内容。
かなり長期間、NOAHを追ってなかったのも要因の一つになるとは
思いますが、試合からなにも話が見えてこないのがなー。

プロレスってやっぱ試合の裏に流れるモノと一緒に考えながら
観ないと面白くないと個人的には思うんですよ。
ただそこに三沢がいて、小橋がいて、高山がいて……だけでは弱い。
特に第二試合は金とって見せるレベルじゃなかったぞ、何だありゃ。

そんな中でも中島飯伏・ブリスコ兄弟、KENTA石森・金丸鈴木の
ジュニアタッグリーグ戦の二試合はとても面白かった。
やっぱ今はジュニアの時代なんだなーと感じましたわ。

GHCヘビーの森嶋vs健介戦は内容はなかなかに良かったです。
森嶋は初めて見たけどでっかくっていいねえ。それに動きもなかなか。
試合は健介が取っちゃって「??」となってしまいましたが。

いや、確かにNOAHのストーリーが全然わからないからここで森嶋が
ベルトを手放すことに意味があるのならいいんだけど、ウチ個人としては
今回の王座移動は不思議に思ったな。なんで健介なんだろ?って感じ。
次、誰とやらせるのかな。武道館参加選手を見る限り候補者は全くもって
想像がつきません。まさか小橋とか言わないよね?

小橋が花道に出てきた時は盛り上がったんだけど、小橋の膝がね。
まともに歩けてないんだもん。あれじゃ無理でしょう。
小橋は昔から好きだから、あんな状態の彼を見るのは辛かったね。

話を戻してジュニアタッグリーグ戦。
KENTA石森組が公式戦・優勝決定戦と二試合を制して優勝。
KENTA好きだからこの結果は単純に嬉かったなー。
でも、三回トライして結局一度も決まらなかったスーパースターエルボー。
これを見るために石森を追っかけようと思います。


……とまあ簡単に武道館を振り返ってみました。
この結果をもってファイプロに影響を与える心配はなさそうです(笑)

とはいえ久しぶりにファイプロで選手をちょこちょこいじってました。
辻香澄とマイトス香澄の中身は同じだったんだけど、マイトスの方が
パンピングファミリー化しました。アニマルポーズ連発ですよ。
必殺技もMade in Asakusaと名を変えました。アサクサー!(語呂悪い

これを書いているのは自宅ではないんで、動画を撮ったりはできないんですが
近いうちに色々UPしたいと思います。そんなカンジで。


拍手レスです。ありがとうございます。

>STRさん
 ラクチェの恐怖がよみがえりますな<流星剣おかわり連発
 まあコバなら年俸がいくらだろうと苦にはならんすよ。
 年俸と食費が別というなら話は変わってきますが!

>9月6日20:33にコメントくださった方
 あれはFE・三国志・メガテン系ですね。
 待ち伏せじゃなく見切りにした方が良かったと今は思ってます。
 そんなこと聞いてませんか、そうですか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック