レンタル移籍(W-MAX)

仕事も始まり、徐々に生活リズムも戻ってきました。
年末年始はサボり放題だったこのブログも元に戻して
いきたいところです。

さて、以前から時期を逸することにかけては他の追随を
許さないウチですが、今更Gジェネ買いました。
ガンダム知らないのに(笑)

とりあえずはオリジナルキャラの女性にレッスルのキャラ名を、
男性キャラにブロガーさんの名前を付けて遊んでいます。
いや、これ妙に面白い。
キャラクタにも強弱あるみたいなのでじっくり吟味して
今後ネーミングしていきたいな、と。

まあそれは死ぬほどどうでもいいですがw

年末にせっかくW-MAXのリーグ戦をしていただいたので
ちょっとその辺りを久しぶりに書いてみようかと…


真壁  「で、早速言い訳になるの?」

ツォン 「うぐっ、なんの事かな?」

真壁  「美幸から全て話は聞いたわよ」
真田  「も、申し訳ないッス社長…」
ツォン 「い、いや、あれはだな…」

真壁はグローブをぐっと嵌めなおすと、

真壁  「ずいぶん信用ないじゃない?あんな卑怯な手を
     使わないと私が勝てないとでも?」
真田  「いや、実際3つしか勝てなかったッス!」
真壁  「キ~ッ!毎試合流血して足を引っ張ったくせに~!」
真田  「しまったーっ!つい本当のことをーっ!」

真田に掴みかかる真壁。

ツォン 「まて、喧嘩はよせ!悔しければこれから強くなればいいんだ!」

真壁はキッと睨みつけ、

真壁  「お前が言うなー!」
ツォン 「エーレガーーント!!」

真壁の裏拳をまともにアゴに貰って吹っ飛ぶ田女ボス。

ガッシャーン!

そこへ窓をぶち破り入ってくる人影。

優香  「はいはいはーい!みんなお待たせー!」
真田  「あんたは……ROAの優香じゃないッスか!」
真壁  「何しに来たの!?邪魔しないでよ!」

優香はあははと笑うと、

優香  「早苗ちゃんと相談して一日だけここに来ました!」
真壁  「どういうこと?」
優香  「こちらの社長さんがあんな事をしてまであたしを欲しいって
     言ってくれたのでレンタル移籍ですよ!でも一日だけ!」
真田  「一日だけって、今日はもう終わりッスよ!」
優香  「あやや、ホントだ。じゃあ社長さんに一言だけ」

優香はまだノビている田女ボスに向かって、

優香  「約束どおり『シォン』って名乗ってねー!
     しょっぱいしょっぱい!あははははー!じゃーねー!」

そう言い残し、破った窓から飛び去る優香。

真田  「……やっぱり怒ってるんスね」
真壁  「……シンディーじゃないけどこの外道には丁度いいでしょ」

こうしてしばらく「シォン」と名乗る事になった田女ボスなのであった。

シォン 「くそーっ!お、覚えてやがれ!!」
真田  「完全に三下ッスよ、それじゃ」(涙目)
シォン 「次こそ、次こそはーっ!!」

田女とROAの遺恨はまだまだ始まったばかり…(続く?)

この記事へのコメント

僚斗
2008年01月09日 00:21
あー、こういう展開なのか! ツォンさん、ご愁傷さまです。
えっとですね、W-MAXの企画を一つ立ち上げまして、そのお知らせに参上しました。詳細は翔星文書TOPにて。
遺恨だけで終わらせませんよ!
2008年01月09日 23:34
ツォンではない、シォンだ(立花○千代風に)

企画を読みました。
なかなかに難しそうなカンジ?
ウチはなんとなく「カレー大食い選手権」が
頭に浮かびました。

参加選手を募集して、企画者が話を考える、
というもので良いのでしょうかね?

この記事へのトラックバック