ROA…恐ろしい団体!

斉藤 「…と、いう事です」

ROAのカオスとソニックが乗り込んできたという報告はすぐにボスに届いた。

真田  「で、社長は何と言ってたっスか?」
斉藤  「……思ったより社長は本気だな」
小早川 「斉藤さん、どういうこと?」

斉藤はどう答えようかと逡巡していたが、

斉藤  「先方の真意を確認してから指示を出す、とさ」
小鳥遊 「案外ぬるいな、ぬるすぎるだろ」
斉藤  「どうかな?シンディー、グレース。いつでも動けるように
     しておいてくれ、との社長の伝言だ」
シンディー「外道の考える事アル、承知しているアルよ」
グレース 「招致の恩には報いよう」

二人はさもわかったように答える。

真田  「何があるんスか、斉藤さん?」
斉藤  「……社長は悪名を恐れていない、としか言えないな…」

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック