な、なにをするだぁーっ!

東京C区 田宗女子プロレス事務所

W-MAX本指名組が道場に揃い、スパーリングをしている…。

ガルム 「小さいくせになかなかやるな、やるじゃねぇかよ」
真壁  「もっとクールにいかないと私には勝てないわよ」

リングの下で真田が感嘆の声を上げる。

真田  「すごいっスーーっ!!
     まさに蝶のように舞い、蜂のように刺す!
     猛烈に感動っスーーーっ!!!」
小早川 (賑やかな人だなあ…)

ガルム 「言ってくれる、言ってくれるじゃねぇか!
      しかし、こいつを喰らっても澄ましてられるか!?」
真壁  「!!」

真田  「あーーーーーーーーっ!!!
     ディナーっスよ、晩餐会っスよ、危ないっスよーっ!!」
小早川 (疲れないのかなあ…?)

ガルム 「喰らえーっ!!・・・・・・・・・な、何ぃッ!?」
真壁  「フフン、エレガントじゃないのよ」

なんと真壁は両の手の親指・人差し指・中指の六本のみで
ガルムの巨体を受け止めた。

真田  「どういう理屈かわかんないっスけど
     とにかく凄すぎるっスー!!これが田女の一位指名の
     実力なんスかーーーーーッ!!??」
小早川 (ずいぶん説明的だなあ…)

佐尾山 「なにやってんのさ…」

その声に斉藤を含めた五人の動きが止まる。

斉藤  「PVの撮影だ」

カメラを止め、斉藤が答える。

佐尾山 「PVって…小鳥遊さん、台車に乗って…?」

バツが悪そうに台車から降りるガルム。
真田がリング下から車を引いていたのだった。

真壁  「わ、わたしはイヤだって言ったのよ!?
     でもボスがどうしてもって言うから…仕方なく」

佐尾山 「あーもう、何やってんですか!今回のW-MAXには
      小鳥遊さんもあたしも出られないんですよ!
      斉藤さんや真田さん達が頑張らなきゃいけないのに!」
斉藤  「うーむ…」
真田  「か、返す言葉がないっス…」

ツォン 「その心配はあらへんよ。
     ガルさんよ、このマスクを被るがいい」

いきなり登場し、小鳥遊に黒いマスクを渡す田女ボス。

ガルム 「どこかで見たことあるマスクだな、見たことあんだよ。
      まあいいか…うわあぁぁぁ!!」
小早川 「小鳥遊さん、どうしたの!?」
ガルム 「マ、マスクが…食い込んでくる…!?」

そのまま倒れてしまう小鳥遊。

真壁  「ちょ、ボス!これ一体どうなってるのよ!?」
斉藤  「待て…動き出したぞ」
ツォン 「うむ、成功やな。これでガルさんのパワーは増幅された。
     ガルさん、気分はどうや?」

むくりと起き上がり、黒いマスクを被った小鳥遊が、

ガルム?「フッフッフ、フッフッフッフ…」
真田   「こ、この笑い方は!?」
小早川 「ダ、ダークスター…」

っていう話を追加指名終わってから思いついた。

この記事へのコメント

鷹羽シン
2007年12月23日 22:30
カオス化ワラタw
確かに体格的には違和感ないかも。
しかし、冒頭は何が始まったのかと思いましたわ。
2007年12月23日 22:49
フフフ…毒霧入りの薔薇は痛かろう…!
みたいなことになるんでしょうか。
実際、愛キャラや旧作キャラを既存キャラで
代替するっていう手はアリかもですよねぃ。
まつりん
2007年12月23日 22:59
真田ステキすぎる!!(笑)
今後も登場を期待してしまいますよ。

んで、ガルさんはなるぼと、なるほど。
?「カオスの正体は小鳥遊だったんだよー!!!」
???「な、なんだってぇー!!」

上手いこと考えのぉ。
でもさおさおも仮面被らされる可能性あるよね(笑)
2007年12月25日 00:14
>カオス化について
 もう少し早く思いついていれば
 面白い使い方できたかなあと。

>鷹羽さん
 冒頭部分は蒙古覇極道がしたかった
 だけでして(笑)

>STRさん
 ダイアー(笑)
 上にも書きましたが既存キャラで
 代わりをさせるってのを思い付いて
 いたら指名も変わってたんですけどね。

>まっつ~
 真田はおもしろいねえ(笑)

 さおさおはミスティのマスクを被らせる
 つもりだったんだけど、面倒なので
 書くのをやめました(笑)
 もう少し

この記事へのトラックバック