防御値って

どこまで上げるのがいいんでしょうかね。

もう、昔から何度も議論されているのでしょうけれど…。

レッスルエンジェルスでの攻撃値・防御値っていうのは
高ければ高いほどそのカテゴリの技が決めやすくなる或いは
決められにくくなるといったパラメータ値なのですよね。

防御値が高いので、そのカテゴリの技を食らってもダメージ減、
ではない所が難しい所。

例えば辻香澄。

彼女は投げ技が得意で、攻撃・防御ともにSまで伸ばすことが可能です。
攻撃に関しては、素早く相手の懐に潜り込み投げてしまう。
でも、体格が小さいのでダメージは低く押さえられてしまう。

これは良いでしょう。

しかし、防御はどうでしょう。
投げられたけど、受身の技術によってダメージを最小限に食い止める。
これなら納得なんですが、防御値Sだとそもそも投げを滅多に食らわない。
考えてみると、これってプロレスのムーブとしては凄くしょっぱい気がする。
やっぱり相手の技を受けて、その上で勝利するのがいいと思うんです。
それに香澄んは日本人選手でも最小クラスの選手。
そんな選手を投げることが出来ないってのもなーんか変。

まあまだ防御までSにしたって選手はいませんが、今後伸ばすにあたり
非常に悩むところです。
なんちゅうか、防御値の最大はB又はAくらいで良いんじゃないかと思ったり。

愛では各選手攻防キャップが設けてありますから、これについては良しとしましょう。
でも、今後は少し考えて欲しいところ。
次回作の要望として送ってみましょうか…。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック