小早川を獲得して…

(前回までのあらすじ)

城内に潜入した六角たち。しかし、それは巧妙に仕掛けられた罠だったのだ!
朝比奈や村上姉妹たちヒール軍団に囲まれてしまう一行。

六角「吉原!早く二人を連れて行け!」
吉原「…ダメよ!あなた死ぬ気!?」
六角「大丈夫だよ。昔はよくこんな事やったもんさ。でも、こうしてちゃんと生きてる。」
吉原「でも……!!」
佐尾山「ダメだよ、あたし達も戦うよ!」
六角「何を言ってるさおさお。お前と香澄は最後の希望なんだ。さあ、早く行け!」
香澄「六角さんを置いて行けないよ!!」
千春「何をゴチャゴチャ言ってやがる!死ね!」

叫びながら香澄に襲い掛かる千春。

六角「!……させるか!」
素早く回り込み、千春をフロントチョークに捕らえる。
六角「…早く行け!時間がないんだ!」
佐尾山「でも!」
吉原「…わかったわ。さあ、二人とも行くわよ!」
香澄「ミミさん!?」
吉原「大丈夫よ。ここは葉月に任せましょ。」
佐尾山「……わかった。六角さん、絶対助けに来るから生きていてくれよ!!」

走り去る三人。

六角「…ああ、期待してるよ。」


六角「いやー、ベタだねぇボス。」
ベタではない、こういうのは王道と言うのだ。
小早川「何だかおもしろそうだね!あたしも出てみたいかも。」
大丈夫、次回からはちゃんと小早川もキャストに入るぞ。期待しててくれ。
佐尾山「ちょっと待て」

ディアナ「ボス、ワタシはでてきますカ?」
優香「あたしの出番もある!?」
ああ、もちろん。出番は用意してあるぞ。
吉原「でもこの話、葉月は完全に死亡フラグ立ってますね、うふふ。」
六角「何で嬉しそうに言うかな。」
渡辺「大丈夫だよ、何かを7つ集めるとちゃんと生き返るから♪」
香澄「それ、パクリだよね。でも、ボクもなかなかいい役もらえててうれしいかも。」
佐尾山「ちょっと待て」

鏡「でも吉原さん。この展開だともう一度強敵が出てきて吉原さんも危機に陥るのではなくて?」
吉原「あー、そうかも…。私も死亡フラグ立ってますね…」
ディアナ「わかりましタ!そこでワタシが助っ人で華麗に参上!となるのですネ!」
ふふふ、さてどうかな~?
佐尾山「ちょっと待てーーー!!!」

なんだ佐尾山幸音鈴。夢幻紳士冒険活劇編みたいなつぶれた不満顔でどうした?
佐尾山「なんでフルネームで呼ぶ!?」
小早川「夢幻紳士ってまた微妙なところを…」
じゃあさお。
佐尾山「苗字か名前かわかんねーだろそれ!」
細かいこと気にするなよ、さおさお。で、どうしたんだ?

佐尾山「それでいいよもう…。いや↑の話一体ナニ?」
ナニ?って…。ちゃんと書いてあるじゃないか。前回までのあらすじって。
佐尾山「どこのあらすじだよ!全然前回の引きと違うじゃないか!」
………?
佐尾山「不思議そうな顔すんなー!!」

優香「さおさお~、何をエキサイトしてるの?」
香澄「そうだよ。さおさおだって主人公ポジションのおいしいとこもらって何が不満なのさ?」
佐尾山「いやだっておかしいだろ?大体何と戦ってるんだ?城内ってどこの城だよ!?」
あまり細かいことを気にするなよ。だから背が伸びないんだぞ。
佐尾山「背の話はいいから!!つうか話がずれた。8/20にボスが言ったじゃないか。」

なんだか長くなったので続く。

この記事へのコメント

2007年08月29日 00:24
とりあえず、お約束で・・。

なんという悲劇!
2007年08月30日 00:13
おおおぉぉ、これぞ奇跡!

この記事へのトラックバック