バンデリージャ!

アクセスカウンタ

zoom RSS ご愛顧ありがとうございました(その2)

<<   作成日時 : 2009/04/18 00:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0

パンサー理沙子が一歩前に出る。

「隊長殿ッ! 今すぐお助けするッス! 理沙子さんが!」
「お前が助ければいいんじゃないのか?」
「いやー、小鳥遊さん。自分飛びキャラ苦手なんスよね」
「何か来る!?」

何度も補修した窓の外に痛みを堪えながら男は視線を向ける。
白い光がはるか先に光っているのが見える。

「まさか、ゆう、……いや違う!」
「ちょいやっさー!!」

怒号と共に窓を突き破り光がデスピナに重なる。
白い着衣に包まれたその人物は飛び蹴りを喰らわせた後、左のアッパー。
間髪入れず右拳と右膝を同時に叩き込む。

「ケツ落としアッパー昇○、できるわね」
「インド人も右にいっちゃいそうですねっ!」
「岩城、お前なあ。ありゃメキシコ人だ。確かに右に飛んでいったが」

大真面目に語る三人には目もくれず、吉原泉が初めて口を開く。

「斉藤彰子、なぜここに?」
「え、斉藤って!? まさかあの全日本空手王者の?」
「説明ありがとう、麗子ちゃん」

斉藤はゆっくりと振り向くと、

「呼ばれて、来ました」

低い声で短く答える。その答えに全員が足首を押さえる雇い主を見る。
視線を浴びた男は全員の顔を見回した後、ゆっくりと首を振る。

「説明をしてもらいましょうか」
「そいつは俺からしてやるよ、HAHAHA!」

斉藤と吹き飛ばされたデスピナ以外の全員が一斉に振り返る。
そこには赤い異様なマスクを被ったひょろ長い男が立っていた。

「あんた誰ッスか!」
「俺かい、俺かい? 俺は栃木一団体経営の上手い男、カルパッチョ真岡だ!」
「お黙りなさいこの安永○一郎のマンガの登場人物が!」

理沙子が毅然と言い放つ。

「HAHAHA! 確かにすね毛っぷりはそうかもしれねぇな!」

真岡は動じずに言い返しながら理沙子達を掻き分け部屋の奥へと歩を進める。
予想外の行動に思わず道を開ける選手達を満足そうに見遣りながらマスクの
鼻の部分に手を掛け、未だ倒れこんでいる男の下へとしゃがみこむ。

「社長さん、いやさDENSOUさんよ。ここはしばらく俺が預かるわ」
「な、なにを……!?」
「一回り終わって気が抜けちまったんだろ? いいから休めよHAHAHA!
 幸いイズミちゃんにアッコちゃんが揃った。まあアッコちゃんは俺が呼んだんだがな」

一旦言葉を切り、再度マスクに手を掛ける。

「ぬるいんだよねぇ、DENSOUさんは。向いてないよ、アンタ」
「言わせておけば……ぐっ!?」

掴みかかろうとする男の喉元を斉藤が踏みつける。

「アッコちゃん、こんなヤツでも一応社長さんだ、手荒な真似は控えなよ」
「元、社長です」
「HAHAHA! そうだったな!」

男はそのまま部屋の外へ叩き出される。選手達はあまりの出来事に
手出しも出来ず呆然と立ち尽くしている。ただ一人を除いて。
一人部屋を出て行ったその人物に一瞥をくれた後、真岡は宣言する。

「今日からここはカタラータ・カルパと名を変える。龍の予備軍だ。
 異論があるなら出て行けばいい。代わりは幾らでもいるからな、HAHAHA!」

選手達は無言。それを消極的な賛成なのであろうか。


うららかな春の日差しはその姿を潜めると、その偉大さを感謝せよとばかりに
冷えた空気が暗くなった町を支配する。

「ボス、あたしも辞めるよ! こんな所にいられないよ!」
「いや、おまえは残れ」
「どうして!?」

男はようやく立ち上がり、

「お前が龍になれ」
「え?」
「言葉の通りさ。鯉は滝を登れば龍になるという。そういう団体になる」
「うーん……」

わかりかねるといった風の勇者の頭をぽんと叩くと、

「もう一つ、龍は頃合がくるまで淵に潜むものさ。しっかり力をつけろ」


-------------------------------------------------------

という訳で、成瀬の後に斉藤彰子を採りました。
どうやって採ったかというとまつりんさんのいう通り、古い機種にFOMAカードを
ぶっさしてカメラ使いました。ネタバレ焦ったよ、まつりんさん(笑)

まあカルパッチョさんとサイトーさんがヒールっぽい役になりましたが他意は
そんなにありません。ちょっと団体名を変えたいなと思っただけでして。
田宗女子プロレスは少しお休みです。
今後しばらくはカタラータ・カルパをよろしくお願いします。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ご愛顧ありがとうございました(その2) バンデリージャ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる